4月中旬から発送【予約受付中】京都産大原野の里 京都の春の味覚 筍(たけのこ)5Kg 米ぬか付

9,500

京都西山丘陵に広がる「たけのこ畑」に春の息吹を感じさせる「たけのこ」の収穫の季節がまいりました。

この地では200年もの間、先人たちが鬱蒼とした「竹やぶ」でしかなかった竹林を食用としての「たけのこ」を育てるために手間暇をかけ、「たけのこ畑」に変えてきました。

私たちはこの永い歴史を刻んだ伝統の栽培方法も今も受け継ぎ、たけのこの収穫時期がくるとまだ、朝薄暗い中で、土の表面にできるわれを探して、一本でも多くの朝掘りたけのこを掘れるように動き回っております。

二百年の伝統栽培が生んだ丹精込めて育て上げた「京たけのこ」を皆様の食卓にお届けしたいと願っております。

京都西山丘陵に広がる「たけのこ畑」に春の息吹を感じさせる「たけのこ」の収穫の季節がまいりました。この地では200年もの間、先人たちが鬱蒼とした「竹やぶ」でしかなかった竹林を食用としての「たけのこ」を育てるために手間暇をかけ、「たけのこ畑」に変えてきました。私たちはこの永い歴史を刻んだ伝統の栽培方法も今も受け継ぎ、たけのこの収穫時期がくるとまだ、朝薄暗い中で、土の表面にできるわれを探して、一本でも多くの朝掘りたけのこを掘れるように動き回っております。二百年の伝統栽培が生んだ丹精込めて育て上げた「京たけのこ」を皆様の食卓にお届けしたいと願っております。
乙訓産たけのこは最盛期に入ると、連日夜明け前から収穫されるされるたけのこの品質は全国でも高い評価を受けています。また山城地区も西山丘陵に匹敵するほどに筍の産地として適しております。 今年の筍農家の筍は他の筍とここが違う。 京都式軟化栽培の孟宗竹 いわゆる白子筍  ・夏の元肥については、圧搾搾りの胡麻油粕を使用  ・シーズン中の追肥についても有機のボカシ肥料(上記の油粕+国産大豆100%のオカラ+自家製米の米ぬか)を使用 ※他の農家は追肥に化成肥料を使うことが多いようです(推測)
 
竹林の整備は一年を通して行っており、栽培のみならず景観にも気を使っております。 また秋〜冬にかけの間伐では、親竹が適度な密度になるよう、親竹の世帯交代が進むように心がけています。

関連商品